壁付キッチンをカウンタータイプにリフォーム!ポイントを解説

キッチンカウンターのリフォームをご検討されたときに、どんなキッチンにしたらいいのか迷うかと思います。今回はキッチンのタイプ、カウンターキッチンのタイプについて、それぞれのタイプについて説明しています。最後には費用を抑えるポイントも分かります。

【実はいろいろ】キッチンのタイプ

今ではキッチンのカウンターも色々なタイプがあります。リフォームする際は、生活様式に合わせて選んでみましょう。

壁付キッチン(I型キッチン)

壁付キッチンとは、壁に向かって設置されているタイプのキッチンです。昔からよく使われていおり、利用されたことがある人もいるのではないでしょうか。

リビングダイニングとキッチンの境目が作られないので、部屋全体が広々としたように見えて、家具の設置場所にも自由度があります。食事時の動線もスムーズで、料理を運ぶことや食器をシンクへ運ぶことなどしやすいです。

ただし、壁に向かって家事をすることになるので、家族の顔が見えづらいです。キッチンを使われる人は壁に向かっているので、閉鎖的に感じる人もいるでしょう。

アイランド型キッチン

キッチンの四方が壁から離れているタイプのキッチンをアイランド型といいます。リビングダイニングを見渡しながら家事ができます。

両サイドから往来することもできるうえ、リビングダイニングと対面になるためお子さんに料理を運んでもらうといったお手伝いもしやすいでしょう。キッチンの対面に椅子をおいて、カウンター席のようにもリフォームできます。

このアイランドキッチンは四方から独立しているため、広いスペースが必要になります。そのため、間取りの変更を行うような大きなリフォーム工事になることや、リフォームが不可能の可能性もあります。

L型キッチン

L型キッチンとは、その名の通りキッチンのシンクとコンロが L型に配置されたキッチンをいいます。様々なレイアウトの仕方はありますが、比較的広いスペースを確保しやすいタイプです。子供と一緒にお菓子を作ることや夫婦で料理するといったこともできるでしょう。

また、冷蔵庫や食器棚をキッチンと並べてコの字型にすると、スムーズな動線ができて家事がしやすいです。リフォームの際に、設置する冷蔵庫や食器棚の大きさを考慮して設計すると、より使いやすいキッチンになります。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラとは半島の意味で、キッチンの左右どちらか一方が壁に接している対面キッチンをペニンシュラ型キッチンといいます。

アイランドキッチンのようにリビングダイニングと対面で家事ができるため、家族を見渡すことができます。子供がいても安心ですし、家族とのコミュニケーションも取れます。また、一方が壁に接しているので、アイランドキッチンほどスペースは要しません。狭小住宅でも取り入れやすいキッチンリフォームです。

 

カウンターをタイプ別に解説

キッチンカウンターには4つのタイプがあります。キッチンカウンターは家事をしながら家族とコミュニケーションが取りやすいことや料理を運ぶことなどのときに便利です。

フラットタイプ

フラットタイプとは、シンクやコンロなどキッチン部分とカウンターが同じ高さで、間に区切りのないカウンタータイプです。

区切りがないためキッチンとリビングダイニングとの境目を感じにくく、広々とした開放感があります。また、つなぎ目や区切りとなる凹凸がないため掃除がしやすいです。キッチンは油汚れや食べ物のシミなどしつこい汚れもつきやすいので、掃除がスムーズにできるのは嬉しいポイントです。

ローステップ

ローステップはキッチンとカウンター部分の間に少しの高低差があるタイプです。カウンター部分が高くなっており、キッチンで調理しているときや洗い物をしているときに手元を隠すことができます。

来客があるときにキッチンをあまり見せたくない人にはおすすめです。また、高低差を活かして花や小物をインテリアとして飾るとおしゃれになります。

立ち上がり壁

キッチンとカウンター部分の間に壁を設けるキッチンリフォームです。高さは自由に決められます。壁が低いと部屋全体が広く見えて、リビングダイニングとキッチンの間に程よい区切りもできます。

一方で壁が高いとキッチンに独立感が出ます。リビングダイニングにいる人とキッチンにいる人で顔を見合わせることができますが、キッチンの作業スペースが見えにくくなるので家事が集中しやすくなります。

テーブルとの一体型

キッチンとダイニングテーブルがつながっているタイプのキッチンです。食事を出すことや片付け、掃除など家事で行う一連の流れがスムーズになります。また、子供が宿題をしているときや遊んでいるときも、家事をしながら見ることができます。家事以外にも来客が来た際に、孤立しにくいというのもメリットです。

 

費用を抑えるポイント

費用抑える大きなポイントは、キッチンの形を大きく変えないことです。キッチンの形を変えることで間取りの変化が必要になる場合があります。また、シンクやコンロの位置を変えることになると、配管や換気扇の位置の変化が伴います。このような工事はキッチンの交換以外にも経費が発生するため、費用が高くなりやすいです。

予算を考慮してリフォーム会社にご相談ください。弊社ではご連絡していただくと、専門スタッフがお住まいに訪問してお話を聞かせていただきます。リフォーム部分の確認もさせていただくので、ご要望と既存のキッチンを見たうえで見積もりをだします。見積もりまでは無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. スタイルいろいろ!押入れを部屋にリフォームするアイデア

  2. 部屋の照明をダウンライトにリフォームしたい!費用や注意点を解説

  3. 中古住宅をリノベーションで魅力的な家にしよう!5つの注意点を解説

  4. 2021-2022カレンダー

    2021-2022 年末年始休業のお知らせ

  5. 使いづらい和室を洋室化!DIYとリフォームでできることを解説

  6. 暮らしも広がる?ベランダリノベーションアイデアとライフスタイル