中古住宅をリノベーションで魅力的な家にしよう!5つの注意点を解説

新築物件を購入するのではなく、中古住宅の購入・リノベーションをすることも多いです。新築物件の購入をお考えの前に、中古物件を購入してリノベーションをすることを検討してほしいです。今回は中古住宅をリノベーションする魅力や注意点について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

中古住宅をリノベーションする魅力とは

最近は中古住宅が見直されています。中古住宅を購入して、自分のライフスタイルに合わせてリノベーションする人が増えています。

新築物件に比べて費用が安い

中古住宅を購入してリノベーションをすることは、新築物件を購入するよりも費用が安くなることが多いです。リノベーションの内容によりますが、平均的におおよそ20%〜30%安くなるとされています。新地物件に住み始めたときはきれいですが、10〜15年とすると劣化部分が目立ってきます。場合によってはリノベーションが必要です。中古住宅をリノベーションすることは、新築同様の住心地を経験できます。

新築物件にこだわりがある方も、予算が合わないときやローンが降りないときには、中古住宅のリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

物件の選択肢が多い

自分のライフスタイルやご家族の都合などによって、希望する地域や環境などがあるかと思います。それらに合わせて新築物件を探すとなるとかなり苦労します。特に人気の新興住宅地や中心街に近い地域は人気のため希望の物件は見つかりにくいです。

新築物件の間取りや内装など物件の内部が希望にあっていても、最寄り駅から遠いことや買い物できる店が少ないことといった悪い周辺環境があると住みづらくなります。間取りや内装などはリノベーションによって変えることができるので、住みやすい周辺環境を中心に物件を探すといいでしょう。

自分の理想を反映しやすい

新築物件だとすでに設計された内装になっています。多くの場合、すでに設計された内装に合わせて生活をしていくことになります。家が住みづらくなることや妥協しながら生活を送ることもあるでしょう。

中古住宅をリノベーションすることで、自分のライフスタイルに合わせた内装に変えることができます。例えば、料理が好きな人はシステムキッチンの導入や広々としたキッチンにする事が可能です。家族の時間を大切にしたいのなら、間仕切りをなくした広いリビングで団らんを楽しむこともできるでしょう。

 

中古住宅リノベーション5つの注意点

中古住宅をリノベーションすることの魅力について説明しましたが、一方で中古住宅をリノベーションする前に注意してほしいことがあります。

建物の状態をしっかりとチェックする

リノベーションによって内装の劣化は改善することはできますが、老朽化による建物内部の劣化は目で見ただけでは分かりません。特に劣化によって耐震性・耐久性が弱っている場合、大きな地震や台風など災害が襲ったときに危険です。

築年数が浅くても建物内部が弱っている場合もあるので、購入前に住宅診断をすることをおすすめします。住宅内部が弱っている場合、リノベーション工事ができないこともあります。リノベーション工事が可能でも、費用が高価になることもあるので注意しましょう。

立地や周囲の環境など建物以外のことも確認する

住宅内部が問題なく価格が安くても、毎日の生活が送りづらいとなると大変です。最寄り駅までの距離や通勤・通学の利便性、買い物ができるスーパーやお子さんの学校・幼稚園などに不便があると毎日の生活が大変です。

内装はリノベーションによって変更することができるので、立地や周囲の環境など建物以外のことも注意して中古住宅を選びましょう。

追加工事が必要になることがある

中古住宅は実際の住宅とは異なり、リノベーション工事が始まってから図面には載っていない住宅の状態が発見されることがあります。そのような場合、工事内容の変更や追加工事が発生する可能性が出てきます。

工事前にリノベーション業者に住宅を見てもらい、リノベーションに必要な工事内容や、追加工事が必要になった場合の概算費用を確認しておきましょう。事前に確認しておかないと、工事が始めってからトラブルになることもあります。

将来的に売却の可能性も考える

お子さんの成長やライフスタイルの変化などにより、将来的に住宅を手放して違う物件に引っ越す可能性もあります。内装にこだわりすぎてリノベーションをすると、住宅を手放すときにかえって買い手がつかないことや売却費用が安くなってしまうこともあるかもしれません。

 

一般の住宅ローンが利用できない場合がある

住宅ローンを利用して、中古物件の購入やリノベーションをしようと考えている人も多いでしょう。しかし、住宅の条件によって、住宅ローンが組めない可能性があります。

例えば、建ぺい率や容積率が建築基準法で定められた規定より大きなものです。規定よりも大きな中古物件はよくあることなので、購入前に業者に確認しておきましょう。

 

中古住宅をリノベーションするための費用

リノベーションの費用は住宅の状態や工事内容によって異なるため決まった金額はありません。まずは見積もりを出してからリノベーション工事をしましょう。中古住宅を購入してリノベーションをする場合、工事費以外に土地代と住宅代がかかります。それらもふまえて予算を考えましょう。

 

リノベーションは業者選びも重要

中古住宅のリノベーションの場合、住宅の購入やリノベーション工事だけではなく、住宅ローンや各種手続きがあります。実績や対応などあなたが納得できる業者を選びましょう。

弊社はリフォーム会社で、中古住宅のリノベーションも行っています。お問い合わせいただくとお住まいまで訪問して、ご相談をおうかがいいたします。リノベーションをする物件のご相談も承ります。ご相談・お見積りは無料ですので、安心してお問い合わせください。

 

関連記事

  1. 壁付キッチンをカウンタータイプにリフォーム!ポイントを解説

  2. 吹き抜けをリフォームして部屋を作るのは可能?メリットや費用を解説

  3. のびのび暮らせる!完全分離型二世帯住宅リフォーム間取りのポイント

  4. スタイルいろいろ!押入れを部屋にリフォームするアイデア

  5. 使いづらい和室を洋室化!DIYとリフォームでできることを解説

  6. 和と洋のいいとこどり!家を和モダンにリフォームする4つのポイント