外観をよりおしゃれに!リノベーションするべき4箇所を徹底解説

長年住んでいると、家の見た目が気になってきます。美しい外観だと、来客や家の前を通る人にも「品のある家だな」と一目置かれるでしょう。今回は場所別にリノベーションのできることや外観リノベーションのポイントを紹介しています。ぜひ最後までお読みください。

外観リノベーションでできること

外観をきれいにしたいと思っても、どこをどのようにリノベーションできるのか分からないと思います。4つにまとめて紹介します。

外壁・屋根の塗り替え&張り替え

外壁や屋根は外観の多くをしめるため、家の印象を大きく左右します。実際、外壁や屋根の外観リフォームは、多くの方が望まれており人気です。

どのような家でも、外壁や屋根は定期的にメンテナンスする必要があります。特に外壁や屋根は雨風に晒されることもあり、他の部分に比べるとメンテナンスの時期は早くなりやすいです。使われている塗料や資材によって変わりますので、メンテナンス時期については業者にご確認ください。耐久性の高いものや価格は安いが耐久性の低いものなど種類は様々です。

玄関ドアのリノベーション

住み始めて10年程度すると、玄関ドアの立て付けが悪くなり開閉しづらくなることや、ドアノブがうまく回らなくなることなど、劣化が発生することがあります。ドアのタイプには、大きく分けて「開き戸」と「引き戸」の2タイプがあります。ライフスタイルの変化によって、ドアのタイプを変えるのもおすすめです。

開き戸は、気密性や防犯性に優れているというメリットがある一方で、扉が一枚だけのタイプだと開口部分が狭いというデメリットがあります。扉が2枚で両開きタイプにすると開閉部分は大きく取れますが、玄関の前後のスペースが必要になります。

引き戸は、開口部分が広く取れるので車いすやベビーカーなどの出入りがしやすいです。開閉に力がいらないのでお年寄りやお子さんでも開けやすいというメリットもあります。開き戸とは違い、玄関の前後のスペースは狭くても引き戸なら設置可能です。

デッキ・テラスのリノベーション

デッキやテラスには木材が多く使われていることがありますが、木材は塗料がのりにくいので、塗装が剥がれやすいというデメリットもあります。塗料によりますが、数年に一度の塗り直しが必要になります。また、デッキやテラスは紫外線や雨風の影響によって劣化しやすいですので、美しく保つためには定期的なリノベーションがおすすめです。

庭やベランダを活かして、デッキやテラスへとリノベーションしたいという人も増えています。家の中で過ごすことが多くなった昨今、家の中でバーベキューやガーデンパーティーなどアウトドア体験をして非日常を味わえます。開放感も感じられるので、在宅勤務の気分転換にもなります。

ガレージをつける

庭をリノベーションして、ガレージをつけることもできます。家の敷地内にガレージをつけることで、乗り降りの利便性が良く、ガレージ代のコストカットもできるのでおすすめです。カーポートを取り付けることやシャッターを付けるなどすることで、雨風から車を守ることや防犯性も高まることもできます。玄関ドアやエクステリアなどと一緒にリノベーションすることで、デザインを合わせることができるので統一感が出ておしゃれな外観になります。

 

外観リノベーションのポイント

外観リノベーションをするうえで気になるのが費用です。ここでは費用が抑えられるポイントを紹介します。

数箇所をまとめて依頼するとオトク

外壁や屋根、エクステリアなど外観リノベーションは、高い場所での工事が多いです。高い場所での工事には、足場が必要になります。一箇所ごとにリノベーションを依頼すると、毎度足場を組まないといけないのでその都度経費がかかります。しかし、数箇所をまとめて依頼することで、足場を組むのは1回になるので経費が抑えられます。

特に関連している箇所をリノベーションする場合、足場の設置箇所も限定されるので費用が安くなることがあります。また、同時に数箇所をまとめて工事ができると、工期も短くなりやすいです。

使う素材はメンテナンス性で選んでみよう

どのような場所でもメンテナンスは必要です。場所によって異なりますが、数年に1度や数十年に1度など定期的にメンテナンスをすることになります。現在はデザイン性が良い素材や耐久性に優れている素材など、多くの素材が存在しています。中にはデザイン性は優れているが、メンテナンス時期が短い素材があり、そのような素材はメンテナンスの機会が多くなり出費が多くなります。素材の価格が安くて選んだが、耐久性が低くてメンテナンスが多くなるということがないようにしましょう。

 

さらなる機能性アップにはフルリノベーションがおすすめ

フルリノベーションとは、現在ある住宅の骨組みを活かして全面的にリノベーションを行うことです。骨組みの状態からリノベーションを行うので、間取りや構造の変化をすることもできます。外観を美しくするだけではなく、耐震性や断熱性の向上もすることも可能です。見た目だけではなく、住みやすさも向上できます。毎日住む家だからこそ、日常のすごしやすさも大事にしたいと思いませんか。

外観リノベーションもフルリノベーションも、弊社にお任せください。弊社は実績十分で、お客様のお悩みを聞いたうえでリノベーションのプランをご提案させていただきます。ご相談やプランのご提案、見積もりまで無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  1. 暮らしも広がる?ベランダリノベーションアイデアとライフスタイル

  2. 中古住宅をリノベーションで魅力的な家にしよう!5つの注意点を解説

  3. 2021-2022カレンダー

    2021-2022 年末年始休業のお知らせ

  4. ツイテルホーム

    ホームページをリニューアルしました。

  5. 吹き抜けをリフォームして部屋を作るのは可能?メリットや費用を解説

  6. スタイルいろいろ!押入れを部屋にリフォームするアイデア