個性的!キッチンをおしゃれにリフォームするためのポイント

毎日使うキッチンがおしゃれなら、料理をするのも楽しくなるでしょう。今回はキッチンをおしゃれに見えるポイントやリフォームタイプの違いなどを説明しています。まだキッチンのリフォームについて調べていない人でも、リフォームの基礎知識が分かる記事になっています。

キッチンをおしゃれに見せるための4つの観点

キッチンをおしゃれに見せるためのポイントが4つあります。

メンテナンス性と見た目で素材選び

素材から資材を選ぶことがおすすめです。メンテナンスがしやすいという観点から、シンクやワークトップはよく選ばれています。メンテナンスがしやすいということは、掃除がしやすくおしゃれなキッチンがずっと続きます。

また、傷や汚れがつきにくい資材を使うこともおすすめです。キャビネットや吊り戸に装着する扉材には、メラミン化粧板という資材を選ぶと長年に渡りおしゃれなキッチンを保つことができます。塗装には強度の高いものを使うのも良いです。

目隠し対策でおしゃれと実用性を叶える

キッチンのすべてが見えてしまうと、おしゃれに見えないこともあります。調理をするコンロ周りや洗い物をするシンクは汚れやすく、あまり見てほしくない人も多いでしょう。

リビングからキッチンが見えないように仕切り板をつけることがおすすめです。リビングからコンロやシンクなどが見えづらくなることでキッチンがおしゃれに見えます。また、カウンターの下や扉を取り付けるなど、にゴミ箱のような人に見せたくないものを収納するスペースを作ることでおしゃれで実用性のあるキッチンになります。

タイル・アクセント壁紙でメリハリを

システムキッチンだけではなく、壁や床のデザインをこだわるとおしゃれなキッチンになります。キッチンとリビングに使うタイルや壁紙を分けることでメリハリを感じ、家全体が良い雰囲気へと変わります。

また、タイルと壁紙の組み合わせでキッチンがおしゃれになるでしょう。例えば、床にフローリングのような木材を使い壁紙をレトロなタイルにすると、いつも使っているキッチンもおしゃれで大人な雰囲気で楽しくなります。

あまり大きなリフォームをせずにキッチンをおしゃれにしたい場合、リビングから見えるキッチンの背面の壁紙だけを他の壁面の色やデザインを変えるだけで誰もが目を引くキッチンになるでしょう。

あえての見せる・吊るす収納

最近はキッチンパネルの中に薄い鉄板を入れてマグネットが付けられるキッチンが増えてきています。天板の入ったキッチンパネルに100円均一や雑貨屋で販売されている収納グッズを取り付けるだけで、何もないガランとしたキッチンパネルが収納スペースに変化です。

おしゃれな収納グッズも多くありますので、理想のキッチンに合ったものを選びましょう。調理器具や調味料の入れ物も様々なデザインのものがありますので、キッチンパネルに吊るしたり見せるように置いたりしてもおしゃれです。

 

【オープン/クローズ】使いやすいキッチンとは

キッチンには大きく分けてオープン型とクローズ型の2つががあります。それぞれメリットとデメリットがあるので、理想の生活に合わせてキッチンリフォームの参考にしてみてください

オープン型のメリット・デメリット

《オープン型のメリット》

オープン型はキッチンに立ちながらリビングを見渡すことができます。料理や洗い物をしながらお子さんの様子を見たり、パートナーとコミュニケーションを取ったりできます。オープン型にすると部屋と部屋の間を区切らないので、開放感も生まれ空間が広く見えるのもメリットです。

《オープン型のデメリット》

オープン型は部屋と部屋の間を区切らないので、料理や洗い物をしているときの音やニオイがキッチン以外の部屋にも行き渡ってしまうことがあります。

クローズ型のメリット・デメリット

《クローズ型のメリット》

クローズ型はキッチンとそれ以外の部屋を区切るので、音やニオイが他の部屋に行き渡ることは少ないです。キッチンを区切るので整理がしやすいというのもメリットです。

《オープン型のデメリット》

キッチンが区切られているので、他の部屋にいるお子さんの様子を見ることや家族とコミュニケーションをとることが難しくなります。区切られたキッチンは日差しも入りにくいため、圧迫感のあるくらい空間になるかもしれません。

 

おしゃれなキッチンをつくるリフォーム方法3選

キッチンのリフォーム方法は3つに分けられます。予算や理想のキッチンを考えてリフォーム方法を考えることがおすすめです。

キッチン

システムキッチンとは、すでに形が決まっている既製品のキッチンをいいます。カタログやホームページで見ることができますし、ショールームや展示場で実際に触れることができることがメリットです。他のリフォーム方法に比べて工期が早くなることがあります。

セミオーダー

セミオーダーはある程度形が決められており、各部分ごとにデザインや資材を選ぶことができます。形が決められているので、あまり悩むことはないでしょう。どんな雰囲気のキッチンにしたいかによって、使うデザインや資材を選択できるのは魅力です。

造作(オーダーメイド)キッチン

造作(オーダーメイド)キッチンは、各部分ごとに使う資材や寸法、収納の位置などキッチンを自由に設計できます。自分のライフスタイルに合わせてキッチンを作り上げることができる魅力があります。こだわりのある方は海外から資材を取り寄せるといったことも可能です。

理想のキッチンはあるけど

「どんなリフォームをすればいいのか?」

「資材やデザインについてよく分からない」

といったことはないでしょうか。

そんなときは私達にお任せください。私達はリフォーム実績が豊富で、お客様のお話を聞くことを大事にしています。ご連絡いただくと弊社スタッフがあなたのお住まいに伺います。お話をじっくり聞かせていただき、リフォームするキッチンも見させていただくことが弊社のスタイルです。

伺ったお話やリフォーム箇所を見たうえで、リフォーム内容のご提案や見積もりを出します。ご納得いただけなければ、何度でもご提案や見積もりを出すことが可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  1. 2021-2022カレンダー

    2021-2022 年末年始休業のお知らせ

  2. 壁付キッチンをカウンタータイプにリフォーム!ポイントを解説

  3. GW

    2022年ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

  4. 和と洋のいいとこどり!家を和モダンにリフォームする4つのポイント

  5. 使いづらい和室を洋室化!DIYとリフォームでできることを解説

  6. 吹き抜けをリフォームして部屋を作るのは可能?メリットや費用を解説